肌老化の80%の原因は…

2016年08月19日

 

 

肌の老化の原因の80%は

 

 

 

 

外線

もう常識⁈

 

 

 

 

紫外線をわずか数分間浴びただけでも肌はダメージを受けています

 

長年浴び続けることによって

 

シミ

 

しわ

 

たるみ

 

などを引き起こしてます

 

これを 光老化 と言います

 

 

紫外線による「光老化」は

細胞へのダメージが大きい

ということのほかに

 

紫外線が肌に当たることで活性酸素が増え

 

酸化ストレスによる老化の進行が高まる

とされています

 

 

 

なぜ?

金属は長い間空気にさらされると酸化し錆びます

これと同じように体内に取り込まれた酸素の一部が変化してできる「活性酸素」が脂肪と結合して細胞を酸化させます

皮膚が酸化すると細胞にダメージを与えコラーゲンなどを硬くして皮膚の弾力が失われ老化を進めていきます

 

 

また紫外線は皮膚のはりを保っているコラーゲン(肌の支柱)を切断し

エラスチン(ゴム・ばね)を変性させる酵素を作ります

 

年齢を重ねた肌は新しいコラーゲンやエラスチンを作る能力がだんだん衰えてくることもあり

 

皮膚は弾力を失ってたるみ、シワとなります

 

 

紫外線によるシミ・くすみ

 

紫外線を浴びると細胞の核を紫外線から守ろうとして

 

黒メラニンを持った

メラノサイトという細胞が活性化し

 

部分的にメラノサイトが活発化すると

「シミ」となってしまいます

 

また皮膚が老化すると細胞の活性が衰えて

メラニンの代謝も悪くなり

 

色素が皮膚にたまりやすく

「くすみ」の原因となります

 

 

 

 

 

紫外線は春先から夏にかけてピークとなりますが一年中降り注いでいます

 

近年、

皮膚の老化は加齢よりも「光老化」の方が

要因が大きいことがわかってきました

 

 

このことから

一年中の紫外線対策はとても大切なのです

 

 

では

紫外線から肌を守るためには…(次回に続く)